ストレスチェックシステムを導入!選ぶときのポイントは?

ストレスチェックに必要なこと

従業員のストレスチェックが義務化されたことによって企業では早急な対応が余儀なくされました。その際に有用なシステムとして導入が進められてきたのがストレスチェックシステムです。ストレスチェックでは定期的に従業員のストレスの状況を確認し、ストレスに苛まれていてリスクがあると判断される従業員に対して医師のカウンセリングを行う機会を与えることが求められています。ストレスの確認にはチェックリストを用いるのが基本的な方法として提示されているため、それを健康診断などのタイミングで同時に実施するという傾向が多くなりました。一方で社内システムなどにストレスチェックシステムを組み込んだり、クラウドで利用できるようにしたりしている企業も増えてきています。

カウンセリングまでカバーしているシステムが必須

効率的にストレスチェックを行うにはシステムを導入するのが得策です。どのストレスチェックシステムを選ぶかで悩んだら必須と考えると良いのがカウンセリングまでカバーしていることであり、基本的にストレスチェックとして要求されていることを全てカバーしていることを前提にしましょう。チェックリストを使ったストレスチェックの実施と集計だけを行えるシステムもありますが、現実的に大変なのはその集計結果としてカウンセリングを推奨した方が良い社員への対応です。これを独立した機関に行ってもらってしまうことで企業として対応がしやすくなります。実質的に追加で社内業務も増やさなくて済むので導入するメリットが大きいシステムです。

ストレスチェック制度の義務化に伴い関連サービスが多く提供されています。ストレスチェックシステムの導入型やクラウドサービス、業務代行タイプなど様々な種類がありますので、ニーズに合わせて選ぶ事が出来ます。