iPhone修理に必要な時間を短縮する裏技

メーカー修理はかなり時間がかかってしまう

iPhoneを修理する時には、保証サービスに入っていれば安くメーカーで修理をしてもらうことが出来ます。しかし、メーカーに修理に出す方法だと、一時的にiPhone本体を利用する事が出来なくなります。本体を修理工場へ送る手間があるからです。ですので、基本的にはメーカー修理は時間がかかるのがネックとなっています。

そこで、活用したいのがメーカー修理ではなく民間業者の修理に出すことです。そうする事で、メーカー修理に出すのとは比べ物にならない速さで修理を終わらせてもらう事が出来ます。

iPhoneを持っている方で、保証サービスに入っていない場合は、民間業者に出して修理をしてもらうのも裏ワザとして有効です。

最短即日、そして一時間もかからない場合もあり!

ちなみに、どのくらいのスピードで修理をしてもらう事が出来るのかと言うと、最短即日です。当日中に修理し終わったiPhoneを手元に戻してくれるのです。なので、少しでもiPhoneが使えなくなるのが嫌だという方にもメーカー修理に出す方法はメリットがあります。

また、故障の内容によっては、当日中だけではなく一時間以内に完了し終わる所もあります。故障がソフトウェア的なもので、設定で直せるものなら30分とかかりませんし、ハード的な故障であっても、職人の手にかかればあっという間に終わってしまうものです。

iPhone修理を行う選択肢はメーカー修理だけでは無いので、故障したときにはそんな民間の業者のサービスにも目を通しておきましょう。

iPhoneの画面修理をススメます。iPhoneの画面が割れた時に放置していると誤作動、故障の原因につながります。