サーバをレンタルして得られるメリットや注意点

サーバは購入するよりもレンタルするほうがよい

ネットショップ等のビジネスを行うには、インターネット上において不特定多数の人からのアクセスを受け付けるサーバが必要になりますが、このようなサーバは自前で構築するよりもクラウドサービス等を利用する方が便利です。

クラウドサービス事業者が提供しているインターネット上のサーバは、既にインターネット上に接続されているため新規にインターネット接続プロバイダーと契約する必要がありません。

また、サイトを立ち上げる際に必要となるドメインもクラウドサービス事業所であれば合わせて提供してもらるので便利です。

SEO力を発揮するためには中古ドメインも1つの選択

ネットショップ等を行う際に取得するドメインは、新規ドメインを取得するのもよいですが運用実績のある中古ドメインを活用するのも1つの方法です。中古ドメインは過去に運用されていたドメインですので、現時点でも異なるサイトからの被リンクがついていたりすることで新規ドメインよりもアクセス数を伸ばすことができる場合があります。

全く異なる業種での運用実績はあまりプラスにはなりませんが、同様の分野での運用実績がある中古ドメインは新規よりも高いSEO力を発揮する場合があるのです。

しかし、中古ドメインは良い場合だけではありません。過去の運用実績が良質なものであればプラスの恩恵を受けることができますが、ブラックリストに載ってしまっているようなドメインを知らず知らず活用してしまうと全くアクセスされないという事態にもなりかねないのです。

ホームページを公開したい場合にレンタルサーバーを活用することで、運営管理の手間が省け保守費用の圧縮につながります。