動画を配信するために最低限必要なものってなに?

カメラはスマートフォンでも構わない

自宅で動画を撮影し、それをネットで配信する場合、最低限必要な機材としてどのようなものがあるでしょうか。まず動画を撮れるカメラですが、ビデオカメラでなくても、スマートフォンでも動画撮影機能つきのデジタルカメラでも構いません。ただ、スマートフォンの場合はバッテリーの容量の関係で、長時間の撮影は難しくなります。なので、コンセントから電源を取ってスマートフォンに接続するケーブルを用意した方がいいでしょう。

古いデジタルカメラの場合は、解像度の低い動画しか撮影できない、あるいは撮影できる時間が短いことが多いので、それを踏まえた上で動画を撮り、編集を行うという形になります。

三脚があると撮影しやすくなる

次にカメラを固定するための三脚です。たとえば、商品を買ってきて開封するところからから実際に使用するところまで映すという動画であれば、カメラを固定した方が見やすいですし、そもそも、動画撮影に関わるのが自分一人だけというのであれば、三脚で固定するしかありません。スマートフォンをカメラとして使う場合、スマホ用の三脚が出ているので、それを使うといいでしょう。

撮影した動画を編集するためのソフトも必要です。動画編集ソフトはプロ仕様の高価なものから、無料で使えるソフトまでありますが、最低限、動画の不要な部分を削除できればなんでも構いません。というのは、字幕は動画配信サービスの機能を使って入れられますし、動画と音を組み合わせるソフトは無料のものがいくつもあるからです。

ダウンロードする内容によりますが、ストリーミングとはダウンロードしながら再生するため、早く再生する事が出来ます。